2019年05月28日

皆さん、こんにちは!

ブログというものは、ちょっと油断しているとつい怠ってしまうものですね。

発信する素晴らしいツールで、誰かに伝えたいなと思ったときにすぐ認めればいいのですが…

普段から伝えたいことをちゃんとメモっておくことが大事ですね。

さて、サスティナビリティについて。

ちょうど3年前にこの言葉に出会いました

(エクベリ聡子さんを訪ねて行って、教わりました!ありがとうございます!)

そもそもが、ある研修で、ソーシャルアントレプレナーを研究する課題が与えられ、

ネットで検索し、あれこれ調べてみました。

素晴らしい取り組みをされている団体や個人が沢山いらっしゃって、

だけど机上の勉強で終わってしまいます。

だれかに直接聴いたほうがよい、そう思い、

バナナペーパー事業を展開している、ワンプラネットカフェの聡子さんを訪問しました。

そこで初めて聞いた言葉、サスティナビリティとSDGsです。

(さらにここに至る背景があるのですが、また別の機会に!

サスティナビリティやSDGsという言葉を知り、お話しを聞き進むにつ入れて、

これはただ事ではないな!という思いがじわじわと湧いてきました。

これはもっと知るべきではないか…

ちょうど一年後、聡子さんの活動拠点である、スウェーデンを訪れました。

コペンハーゲンで、聡子さんのパートナー(ご主人です)、ペオさんと初対面。

人見知りな自分は、どのように接すればいいのか、なんて考える暇もなく、

コペンハーゲンからスウェーデン マルメ市に移動する電車に乗るやいなや、

サスティナビリティのレクチャーが始まります。

(これは普通のツアーじゃない!観光気分すてなきゃ!)

(スウェーデンで体験したことは、また少しづつお伝えしますね!)

さて、その後帰国してからです。僕が変わり始めたのは…

サスティナビリティやSDGsという言葉が妙に引っかかってくるのです。

それまで意識していなかった言葉が、新聞や雑誌、ソーシャルメディア、人の話から見聞きします。

そりゃそうですよね、一度張ったアンテナに引っかかってくるのは…

なんでもそうだと思います。自分が興味関心をもったことに関する情報は、無意識に拾ってくるのでしょうね。

その後、サスティナビリティに関するイベント、セミナー、講演会、勉強会、随分参加しました。

そうすればそうするほど、情報は増え、人脈も広がり、

加えて、自分から発信することも多くなります(ちょっとだけ先生気分で!)

とうとう、その秋、ロンドンにまで足を運ぶことに!

(このお話しもまた追って!)

知らないことを知って、アンテナが立つと、

これまで拾わなかった情報が入ってきて、さらに学びが深まり、行動が変わっていく。

知ることはとても大切なんだな…とつくづく感じる3年間。

「あなたの知らない世界」を知ってみると、意外な広がりに出会うものなんですね。