ドラム缶内装袋のご提案

産業資材部では、『ドラム缶内装袋』のご提案をさせていただいております。

ドラム缶に内容物を充填する際、専用の内装袋をドラム缶に装着してお使い頂く事が可能です。

内装袋を入れることで下記のようなメリットがございます。

  • 袋を入れ替えて使うことでドラム缶内部を汚すことなく使用でき、ドラム缶の洗浄コストを抑えることが可能です。
  • バリア性のある材質の袋を使うことで、水系の内容物や腐食性の高い内容物の充填が可能になります。
  • 袋の上部を結んで使用することで、天板解放時にも異物の混入を防ぐことが出来ます。
  • ドラム缶の底の形状に合わせた「丸底内装袋」を使用すれば、容器内での攪拌や、抽出も可能です。※内容物の性状によってはご使用できない場合がございますのでご注意ください。

弊社では、お客様の方で装着が出来る、袋のみの販売の他、内装袋装着済みのドラム缶の販売も可能です。

内装袋装着済みのドラム缶は、ドラム缶再生業者にて、専用の機械を用いて装着作業を行います。

ドラム缶と袋の間の空気を抜きますので綺麗に内装袋が装着された状態で納品が可能です。

20~200L容量の産業用ポリエチレン規格袋もご用意させて頂いております。

お客様の現場環境やご使用方法によって、最適な方法をご提案させて頂きます。

ドラム缶内装袋』のご検討の際は、是非、お声掛けください。

産業資材部

TEL047-351-4147

FAX047-352-5249

メールでのお問い合わせはこちらから