横浜市立高田小学校にて、出前授業を行いました。

横浜市立高田小学校 総合の時間にて

「使い続けられるボトルをデザインしよう ~未来の為のSDGs~」の授業を行いました。


6月     8日(水) 6年生 3クラス(86名)

6月 17日(金) 5年生 3クラス(91名)


授業内容としましては、

①SDGsの概要

②17の目標 個別説明

③井関産業株式会社と海外との繋がり(スウェーデン、カンボジア)

④井関産業株式会社のSDGsの取り組み

(ラ コルベイユ 柔軟剤で使用している容器 再生PET100%ボトルについて)

⑤再生PET100%ボトルを使用したデザインワークを行いました。


授業風景


児童がデザインしたボトル


授業を受けて児童の感想

・SDGsは2030年までに達成しないといけない目標で、自分にもできることは絶対にあるから、

    自分でできることはしようと思った。

・SDGsにむけて再生ペットボトルをつかって商品を出していていいと思いました。

    よく聞いたりする「SDGs」ですが、あまり意味が分かりませんでしたが、この授業を

    受けて意味はもちろん、1つ1つの意味も分かりました。

・私は、誰も取り残さないという言葉がとても心にのこりました。SDGsは

    かんきょうにやさしい取りくみだと思いました。


横浜市立高田小学校の教員の皆様、児童の皆様、貴重な機会を頂き、

ありがとうございました。


井関産業株式会社では、

SDGs達成に向けた取り組みとして、小学校・中学校・特別支援学校等で、

SDGsの概要や先進国の事例などを教える授業実施など地域貢献活動を行っております。

出前授業、イベントや講演依頼がございましたら、お気軽にお問合せ下さい。


井関産業株式会社 事業推進部

千葉県浦安市当代島1-18-2

TEL:047-351-4147